ライセンス取得

フライングクラブ

自家用操縦士ライセンス(詳細はお問い合わせ下さい。)

取得可能免許:自家用操縦士(固定翼陸上単発)

標準訓練時間:実機訓練50時間・座学

訓練使用機材:セスナ172L

 飛行訓練

今、飛行機のライセンスは、海外で取得したものを日本のライセンスに書き換える方法が主流です。それは、日本国内では多額な訓練費用が掛かるからす。ICAO(国際民間航空機関)に加盟している国で取得したライセンスは、他の加盟国のライセンスに学科試験などを受けるだけで変更が可能です。もちろん、フィリピンもICAOに加盟していますのでアメリカや日本のライセンスへの書き換えが可能です。当社では、日本のライセンスへの書き換えのサポートも行っています。 後、海外でライセンスを取得するメリットは、訓練費用の他に英語力を身に付け易い事です。通常パイロットの行う無線交信は、英語が世界標準となっています。パイロットライセンスを取得する上で、避けて通れないのがこの英語力です。 フィリピンは、世界中でも有数な綺麗な英語を喋る民族と言われており、現在、多くの語学留学生が訪れる事でも有名です。そんなフィリピンの中でも、リゾートアイランドとして有名なセブの綺麗な海の上での訓練は格別です。気候も1年を通して安定しており最適な訓練環境と言えるでしょう。また、当社の有るマクタン空港は、24時間運行の国際空港です。無線交信(ATC)の訓練にも最適です。

 現在までに、数十名の卒業生がおり、日本の免許に書き換えて日本国内でフライトされてる方や、たまにセブに来られてフライトを楽しまれる方、そして日本よりも維持費の安いフィリピンで飛行機を所有されている方もいらっしゃいます。

 フィリピン航空局(CAAP)の法改正などにより、訓練内容や訓練料金などが変わる場合が有りますので詳しい事はお問い合わせ下さい。

 

Wel come to CEBUTOP!!

フライト予約